ニュース

国内女子伊藤園レディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

パー5でスコアを伸ばしたデービースが大会4勝目

国内女子ツアー「伊藤園レディスゴルフトーナメント」の最終日は、前日までの冷たい雨から一転、秋晴れのゴルフ日よりとなった。そして、この大会過去94年から3連覇を達成するなど、コースとの相性も抜群のローラ・デービースが2日目に単独首位に立ち、独走態勢に入るかと思われた。

しかし、2アンダー5位からスタートしたディフェンディングチャンピオンの具玉姫が、2番パー3から5番パー5まで4ホール連続でバーディを奪い猛チャージをかけた。この時点で首位デービースの8アンダーに並んだが、その後11番でスコアを落とし6アンダーにしてしまった。終盤まで2位で踏ん張っていたのだが、最終18番ホールでダブルボギーを叩き3位となった。

変わって順位を上げたのはこの日5バーディ、ノーボギーの安井純子。スタートの1番、そして最終18番と要所でスコアを伸ばした安井が6アンダーで単独2位に入った。

チャンスというときに、バーディパットが決まらず苦しい展開に見えたデービースだったが、得意のロングドライブを生かし、パー5で3ストローク伸ばした。そして2位に3ストローク差で優勝を決めた。

「具玉姫さんも非常に調子が良かったので、とにかく私はパットがなかなか入らなくて心配でした・・・。この3週間は日本に滞在していますが、非常に安定したプレーをしていると思います。今週、米国に戻ってツアー選手権に出ますが、それに向けて非常に自信もついたし、満足しています」

4アンダーの3位には、安井と同じくこの日のベストスコア67をマークした藤井かすみが15位から順位を上げてきた。同じく3位に今シーズンプロテスト合格の魏ユン潔も入っている。この試合で330万円を加算した魏は、出場可能な次週の大王製紙エリエールレディスオープンで100万円以上獲得するとシード権も見えてくる。

また、2年連続賞金女王を狙う不動裕理は、3、4番で連続ボギーを叩きスコアを落としたが、5番でバーディを奪い息を吹き返した。難しいと言われる後半では16番で2打目が直接カップインしイーグル。最終18番もバーディで、2年前にプロ初優勝を果たした思い出の試合を7位で終了した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 伊藤園レディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。