ニュース

国内女子ニチレイカップワールドレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

K.ウェブがスコアを伸ばしたが、C.コークもぴったりマーク。9アンダーで並んだ。

東京よみうりカントリークラブで行われているニチレイカップワールドレディスの3日目。2日目に単独トップに立ったK.ウェブ(オーストラリア)の独走かと思われたが、同じく招待選手のC.コーク(スウェーデン)がスコアを伸ばした。2日目終了時点で4アンダー2位タイのコークはスコアを5つ伸ばし9アンダーとしてウエッブと首位タイでならんだ。

連覇を狙うウェブは「13番まで堅くプレー出来ていたが、13番以降、ドライバーのフィニッシュが決まらず納得いかないプレーだった。ここぞという時にドライバーショットが決まらなかった。 でも一日を振り替えり、トータル4バディー1ボギーの69と言うスコアには納得している」
最終日に一騎打ちになりそうな展開だが、「コークは手堅いゴルフをするので、連覇を目指していいプレーを心がけたい。 自分のゴルフをするだけ」と自信満々に淡々をと答えた。

この日のラウンドは、クラブ選択がうまくいきスコアを伸ばせたというコークは「このコースのグリーンはとても状態がよく速いから、ピンよりも下を狙わないとダメ。集中力さえ持続できれば優勝できると思う。最終組で対戦するウェブは崩れることがない、いい選手なので一緒にラウンドするのが楽しみだ」

上位2人に5打差の3位には先週初優勝した天沼知恵子高村亜紀が並んでいる。あと1日、日本選手にはぜひとも招待選手に喰らいつき、優勝争いに絡んでもらいたい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 ニチレイカップワールドレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには築山栗子選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!