ニュース

国内女子ベルーナレディースカップゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

終始安定したゴルフで藤井かすみが念願の初優勝を果たした。

ベルーナレディスの最終日は曇り空の中、ときより冷たい風が吹く状態で行われた。前日、唯一のアンダーパーを出し、2アンダーで首位タイに踊り出た藤井かすみが、さらにスコアを伸ばしプロ入り6年目での初優勝を飾った。

この日の藤井は前半を4バーディ、1ボギーで5アンダー、この時点で2位以下に3打差。後半に入ってもスコアを伸ばし、2位以下に5打差をつけて最終ホールへ。「今日はいつもより力が入りすぎていたので、最後は抑えて打ちました」その最終18番パー5では、ショットが緩むことなく確実にフェアウェイを捕らえ、3打目でピン奥2メートルにつけた。最後は、師匠の岡本綾子が見守る中、バーディパットを沈めた。過去8回も2位になっていたが、優勝は初めて。「夢の中では何度も優勝していたんですけど(笑)」この優勝で自信が持てた藤井は、今年の賞金女王を狙える選手のひとりになった。

2位には藤井と並び首位タイでスタートした島袋美幸と藤野オリエ。1番、10番でボギーを叩いた島袋は「開幕戦のあとにトレーニングしたアプローチを試したのですが・・・。開幕して間もないですし、滑り出しとしては(2位フィニッシュは)上々だと思います。もっともっと練習してがんばりたい」

開幕戦に初日からトップに立ったものの、最終日に不動に逆転で優勝をさらわれた藤野は、この日優勝の藤井に次いで69のラウンド。「今日だけというわけではないが、最近はショットの調子がいいんです。あとはパットしだいです。今回のように上位につけて、チャンスがあれば(優勝を)狙っていきたいです。」スケールの大きな藤野は今後も優勝争いに絡んできそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 ベルーナレディースカップゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。