ニュース

国内女子アコーディア・ゴルフレディスの最新ゴルフニュースをお届け

川原が混戦を抜け出し単独首位! 地元の大山は首位と3打差

国内女子ツアー第2戦の「アコーディア・ゴルフ レディス」が、宮崎県宮崎市の青島GCで開幕した。朝から小雨がぱらつくあいにくの天気となった大会初日。混戦の上位争いを抜け出したのは、プロ初優勝を目指す川原由維だった。

立ち上がりの1番から幸先良くバーディを奪った川原は、4番、10番、17番と着実にスコアを伸ばすと、最終18番ではセカンドショットをピンそば70cmにピタリとつけて連続バーディ。ノーボギーの通算5アンダーで締めくくり、一気に首位に浮上した。

1打差で2位に続くのは、ウェイ・ユンジェ(台湾)と、開幕戦の優勝で勢いに乗る宋ボベ(韓国)の2人。さらに1打差の4位タイに4人が続く混戦模様となっている。地元宮崎出身の大山志保は、首位と3打差の8位タイにつけた。

また、前半だけで5バーディを奪った福嶋晃子は、「ドライバーが曲がりだした」という後半に急ブレーキ。15番からの4連続ボギーで、横峯さくら諸見里しのぶらと並び通算1アンダーに後退した。

川原由維
「アイアンは自信を持って打てています。去年のエリエールで宮里美香ちゃんと一緒に回って、彼女のどこに行っても動じない姿勢に驚かされました。私は弱い部分があるので、彼女みたいに周りを気にせず自分のゴルフをやりたいです」。

大山志保
「今日は80点。17番の3パットが悔やまれます。この悔しさを明日にぶつけたいですね。地元なので応援も多く、やる気満々なのですが、パットがちょっとショートしています。ショットの調子は良いので、あとはパッティングだけですね」。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 アコーディア・ゴルフレディス




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。