ニュース

国内女子ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

自己ベスト9アンダー「63」の古閑美保が単独首位!

2008年国内女子ツアー開幕戦「ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」初日のラウンドが、沖縄県の琉球GCで行われた。昨シーズンの賞金女王上田桃子をはじめ、今季のシード選手51名中49名、さらにクオリファイで上位に入った選手、そして地元沖縄で開催されたアマチュアの予選会を勝ちあがった108名がスタートした。

晴天で風が微風だったこともあり、各選手スコアを伸ばす展開。初日首位に立ったのは9アンダー「63」の自己ベストを叩き出した古閑美保。3打差の6アンダー単独2位に藤田幸希が続き、さらに4アンダー3位タイに上田桃子大山志保など10名が続く展開となった。

首位の古閑は前半に3つのバーディを奪うと、後半12番、そして14番から最終18番までの上がり5ホールで連続バーディを奪った。それでも、ラウンド後には「欲を言えば10アンダー出したかった。11番パー5でバーディを取れなかったのが反省点です」と振り返った。

この日ギャラリーを最も引き連れたのは上田桃子横峯さくら不動裕理組。各選手スタートダッシュはできなかったが、じわじわとスコアを伸ばしてきた。米ツアー帰りの上田は4番から3連続バーディの後はパーが続き、14番で唯一のボギーを叩いたが上がり2ホールでバーディを奪った。

対する横峯は1番でボギーを叩くなど前半はイーブンパーで折り返したが、後半2つのバーディを奪い2アンダーの23位タイ。不動は8番までに3アンダーまでスコアを伸ばすが、9番、10番連続でボギーを叩く。それでも2アンダーで踏ん張り、横峯と同じく23位タイで初日を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。