ニュース

国内女子プロミスレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

相性の良さは雨にも風にもマケズ、藤田幸希が単独首位!

2007/06/24 16:59

国内女子ツアー第14戦「プロミスレディスゴルフトーナメント」の初日が、6月22日(金)に兵庫県のマダムJゴルフ倶楽部で行われた。朝から強い雨とアゲンストの風が選手たちを襲う最悪のコンディションの中、ディフェンディングチャンピオンの藤田幸希がコースとの相性の良さを生かし、2位に2打差をつける4アンダー単独首位に立った。

コースに水が浮き出るほどの豪雨も、傘を強く握らないと吹き飛ばされてしまいそうな強風も、藤田のプレーに影響を与えることは無かった。「ここに来ると、パットが良くなるんです。“入らない、入らない”と言っていたのが、突然入りだすんですよ」と自身も分からないところが、まさに相性の良さ。2番で2メートルのバーディパットを沈めると、4番でも3メートルを沈めてバーディ。7番のパー3はティショットをグリーン奥に打ち込みボギーとするが、9番、10番、13番とバーディチャンスをものにしていった。まだ初日を終えた段階だが、この相性の良さを味方につけている藤田に迷いは全く見受けられない。

<< 下に続く >>

2打差の2アンダー単独2位には、前半は藤田を上回る勢いでスコアを伸ばしたものの、バックナインで失速した佐伯三貴。さらに2打差の単独3位に、出だしの1番のダブルボギーから、ナイスカムバックを果たした上田桃子。がイーブンパーで続いている。初日に同じ組でラウンドした3人が上位3位に名を連ね、明日も同じ組み合わせでのラウンドとなる。

1オーバーの4位タイには、不動裕理福嶋晃子佐藤靖子小俣奈三香、李英美の5人が追随。古閑美保は3オーバーの14位タイ、諸見里しのぶ全美貞上原彩子は4オーバーの22位タイと出遅れた。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 プロミスレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!