ニュース

国内女子ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

山口裕子が首位キープ!宮里藍は1打差2位に浮上!!

宮城県の利府ゴルフ倶楽部で開催されている、国内女子ツアー『ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン』の2日目。上位陣は順調にスコアを伸ばし、順位に大きな変動はない。しかし、初日首位の山口裕子がスコアを1つ落としたため、2位との差はわずか1つとなっている。

6アンダーの単独首位でスタートした山口は、2番、3番で連続バーディを奪い8アンダーまで伸ばした。しかしその後はボギーが連発し、徐々にスコアを落としだした。後半16番で、この日6つ目のボギーを叩き3アンダーまで崩してしまい、この時点で首位陥落。ところが、17、18番の上がり2ホールで連続バーディを奪い、5アンダーの単独首位に返り咲いた。

<< 下に続く >>

1打差で山口を追うのは、この日3ストローク伸ばした吉田順子と2つ伸ばした宮里藍西塚美希世の3人。前半3バーディを奪った吉田は、10番でもバーディを奪い5アンダー。山口がスコアを落としていたので、この時点では吉田が単独首位に立っていた。しかし、その後はスコアを伸ばせず、16番でこの日唯一のボギーを叩き4アンダーの2位に後退した。

そして、地元宮城の東北高校に通う宮里藍も逆転優勝を狙える位置に浮上した。2アンダー4位からスタートした宮里は、バーディを奪うものの、すぐにボギーを叩く波に乗れない状態が続いた。しかし後半の16、18番でバーディを奪い2ストローク伸ばすことに成功した。アマチュアとしてプロの試合に勝つことができるか、ついにその日が訪れるかも知れない。

首位と2打差の3アンダーには好調の原田香里、今シーズン3勝している李知姫。さらに、プロ入り2年目で優勝争いの常連になりつつある竹末裕美の3人が並んでいる。3人ともに爆発力を持っているだけに、最終日の競り合いが楽しみだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには築山栗子選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!