ニュース

国内女子ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

横峯さくら、高校2年の菊池絵理香は首位と2打差の5位タイ

宮城県の利府ゴルフ倶楽部で行われている、国内女子ツアー第24戦「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」の2日目。この日、通算4アンダーで単独トップに立ったのは全美貞(韓国)。また、注目のアマチュア、東北高校2年の菊池絵理香と横峯さくらの2人は、通算2アンダーの5位タイにつけている。

上位陣がスコアを崩していく中、全美貞が3番から5番にかけて3連続バーディを奪うなど、攻めのゴルフを見せた。最終的には、4バーディ、3ボギーでホールアウト。スコアを1つ伸ばして首位に躍り出ている。

さらに、今大会の台風の目といっていいアマチュアの菊池は、我慢のゴルフを展開。2バーディ、2ボギーと最後まで粘った。2年ぶりのツアー、挑戦3試合目で、初の予選通過を果たしている。しかも彼女は、現在怪我をしているというから驚く。昨日のインタビューで「実は今、左肋骨から左の背中にかけてヒビが入っているみたいで、夜になると痛いんです。7バーディ(初日)は、たぶん初めてです。まぐれが続いたんです」と語っている。

もう1人のホープ横峯も、1バーディ、1ボギーと終始粘り強くプレー。スコアを崩すことなく、順位を1つ上げてきており、最終日の逆転優勝も十分狙える。

一方、トップからスタートした鬼沢信子は、1バーディ、3ボギーとスコアを2つ落として、通算3アンダーの2位タイへ一歩後退。また、2週連続優勝を目指す大山志保も、通算1アンダーの10位タイと伸び悩んでいる。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。