ニュース

国内女子スタジオアリス女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

服部が優勝!藍は2位、さくらは3位タイ

兵庫県にある花屋敷GCよかわコースで開催中の国内女子ツアー第2戦「スタジオアリス女子オープン」最終日。横峯さくら宮里藍が優勝を争うという期待どおりの展開に、多くのギャラリーが集結。最終日は風が強く、多くの選手がスコアを崩す持久戦となった。

レギュラーツアー初優勝を狙う横峯さくらは、フロントナインでスコアを3つ落とし首位から陥落。さらに後半も4つスコアを落としトータル4オーバーで3位タイでフィニッシュ。初日から守ってきた首位をキープすることが出来なかった。

宮里藍は出だしからダブルボギーをたたく苦しい展開。4番、6番でバーディを奪い取り戻したが、7番でボギー、さらに9番でダブルボギーをたたき、横峯と同じくフロントナインでスコアを3つ落としてしまい優勝争いから脱落したかに思われた。

しかし世界の宮里は後半しっかり見せ場を作った。10番、15番でバーディを奪いこの時点で首位の服部と同スコアに。残りの3ホールで藍ちゃんらしい好プレーが期待されたが、17番で痛恨のダブルボギーをたたき勝負有り。結局トータル2オーバーの2位でフィニッシュした。

優勝したのはツアー18勝目となる服部道子だった。10番、11番、13番とボギーをたたき崩れかけたかに思われたが、最も大事な終盤ではベテランらしい味を見せしっかりパープレーを展開。18番ではバーディを奪い今大会唯一のアンダーパーで競技を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 スタジオアリス女子オープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。