ニュース

国内女子スタジオアリス女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

有村が2位と好調をキープ、宮里藍が5位で追う!

国内女子ツアーの第5戦「スタジオアリス女子オープン」が4月9日(金)、兵庫県の花屋敷ゴルフ倶楽部よかわコースで開幕。強く冷たい風が吹く中、選手たちは砲台グリーンにも苦しめられ全体的に伸び悩む展開に。その状況下、ただ1人アンダーパーをマークした朴仁妃(韓国)が4アンダーで単独首位に立っている。

朴は6バーディ、2ボギーの「68」をマークし、2位に4打差をつける絶好のスタート。その2位タイには、先週の海外女子メジャー「クラフトナビスコチャンピオンシップ」で9位の成績を収めた有村智恵を始め、イム・ウナリ・エスドの韓国勢が続いている。「何とか耐えられました」と有村。時差ボケや疲れを感じさせないプレーを見せている。

<< 下に続く >>

1オーバーの5位タイには、アン・ソンジュヤング・キムら韓国勢と並び、宮里藍福嶋晃子が続く。「風が一定ではなくて難しかった」と序盤からボギーが先行した宮里だが、3バーディ、4ボギーと最後まで耐え抜き、首位と5打差につけている。

2週連続優勝がかかる古閑美保は3オーバーの15位タイ。諸見里しのぶは4オーバーの24位タイ、横峯さくらは6オーバーの52位タイ。上田桃子は7オーバーの66位タイと出遅れた。諸見里、横峯、上田を含めた“クラフト組”は、明暗が大きく分かれる滑り出しとなっている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 スタジオアリス女子オープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!