ニュース

国内女子ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップの最新ゴルフニュースをお届け

森田が首位で最終日へ! 横峯とアンが1打差で続く

高知県にある土佐カントリークラブで開催されている、国内女子ツアーの第2戦「ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ」の2日目。予報されていた雨はほとんど降らず、初日に比べピン位置がやさしかったこともあり、全体的にスコアが大きく伸びる展開となった。

通算7アンダーの単独首位で最終日を迎えるのは、この日2ストローク伸ばした森田理香子。先週の開幕戦では首位で初日を終えながら、2日目以降に崩れて32位タイで終了。今週は同じ過ちを繰り返すことなく好調を維持し、ツアー初勝利に王手をかけた。「2位とは差がないし、このコースは(何が起きるか)分からない。緊張もすると思うし、明日は自分のスイングを心がけ、優勝とかは考えないようにします」と、闘志を内に秘めて最終日に臨む。

通算6アンダー2位タイには、4ストローク伸ばした横峯さくらと、先週の開幕戦を制している韓国のアン・ソンジュが浮上。「優勝を意識しないのは難しいと思うけど、楽しみながらプレーしたいですね。私は空回りをするタイプなので・・・」と横峯。一方のアンは「66」のビッグスコアを叩き出しての急浮上、開幕戦の勢いを今週も継続している。

通算5アンダーの4位タイには、飯島茜中田美枝ら5人。通算4アンダーの9位タイに不動裕理青山加織ら4人が続いている。古閑美保藤本麻子北田瑠衣らと並び通算3アンダーの13位タイ。上田桃子は、宅島美香らと並び通算1アンダーの29位タイ。有村智恵は通算4オーバーの70位タイで予選落ちを喫している。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。