ニュース

国内男子G-ONEオープン*の最新ゴルフニュースをお届け

石川遼、国内プロデビュー戦を勝利で飾れず

2008/03/30 17:44

茨城県にあるチャーミングリゾート・ワイルドダックCCで開催されている、国内男子のミニツアー「G-ONEオープン」最終日。朝から強い風が吹き、午後からは小雨も降り始めるなど、プレーヤーは寒さ対策も強いられる一日となった。

初日で4アンダーの首位タイ発進とした石川遼は、最終組の1つ前からスタート。1番ホール、ティショットをフェアウェイに運ぶと、第2打をピン上1.5メートルにつけ、幸先良くバーディ発進とする。2番から5番までを1ボギーとして迎えた6番パー4。ティショットを大きく右へ曲げたが、距離の残った2打目を2メートルに寄せ、思わずガッツポーズ! これを沈め、5アンダーに戻した。しかし、直後の7番で2打目を池に入れるなどダブルボギー。それでも8番でバーディを奪い返し、前半は3バーディ、1ボギー、1ダブルボギーのイーブンパー。首位の6アンダーに2打差の、通算4アンダーで後半へ折り返した。

逆転優勝をかけて臨んだ後半だったが、12番パー3でボギー、13番パー4でもティショットを右の池に入れ、連続ボギーとする。そして14番パー4。左の林に打ち込まれた1打目は、木の根元へ。素振りをしながらボールを出す方向を逡巡していたその時、バックスイング時にクラブが木の枝に当たり、枝が折れてしまった。これが「ライの改善」とみなされ、2ペナルティ。最終的に、このホールを7オン2パットの「9」とし、一気に通算3オーバーと順位を下げる。「頭が真っ白になった」と話す石川は、その後も立て直すことができずに通算4オーバー。42位タイで終える、不満の募る結果となった。

優勝は、この日のベストスコア「66」をマークし、通算6アンダーとスコアを伸ばした森本雄也。単独2位は通算4アンダーの加瀬秀樹、単独3位には通算3アンダーで今野康晴が食い込んだ。片山晋呉は通算イーブンパーの10位タイとしている。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 G-ONEオープン*




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。