ニュース

国内男子カシオワールドオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

小田孔明首位キープ!石川は「大人しいゴルフ」

高知県のKochi黒潮カントリークラブで開催されている、国内男子ツアーの第24戦「カシオワールドオープンゴルフトーナメント」の2日目。前日は曇り空だったが、この日は晴れ。ところが選手がスタートしてしばらくすると、風が強まり、時折6メートルを超える強風が選手たちのスコアメイクを苦しめた。

6アンダー単独首位からスタートした小田孔明は、序盤苦しみながらもパーセーブを繰り返すと、5番パー5で残り97ヤードの3打目をピンの奥からバックスピンで戻しチップインイーグル。中盤、11番、12番で連続ボギーを叩くが、この日も5ストローク伸ばし2位に4打差の11アンダーで首位をキープしている。

単独2位は前日と変わらず佐藤えいちが7アンダーで小田を追いかける。6アンダー単独3位は久保谷健一、5アンダー4位タイに上井邦浩、宮里優作宮瀬博文片山晋呉の4人が続いている。

この試合で予選を突破した時点でいよいよ年間獲得賞金1億円に王手をかける石川遼は、3バーディ、2ボギー。通算3アンダー14位タイで予選を通過した。「自分の中では、大人しいゴルフをしているな、と思っています」と話す石川。残り2日間、首位とは8打差がついているが、どこまでスコアを伸ばしてくるか注目される。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 カシオワールドオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。