ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

単独首位に近藤!石川遼が2打差に急浮上!!

宮崎県のフェニックスカントリークラブで開催されている、国内男子ツアーの第23戦「ダンロップフェニックストーナメント」の2日目。気温は初日よりは高いものの若干の風が吹き始め、振られているピン位置も手伝い、全体的に伸び悩む展開。順位は大きく入れ替わった。

単独首位に浮上したのは、この日2ストローク伸ばし通算5アンダーでホールアウトした近藤智弘。2番でボギーを先行させた近藤だが、その後3つのバーディを奪い集団から頭ひとつ抜け出した。近藤は宮崎県と相性があまり良くなく、毎年この時期に体調を崩しているという。この日も鼻づまりの声でコメントを残した。

首位と1打差の通算4アンダー2位タイには、ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)、ゴンサロ・フェルナンデス・カスタノ(スペイン)、プラヤド・マークセン(タイ)、松村道央の4人。さらに1打差の通算3アンダー6位タイには、丸山茂樹石川遼谷口徹など8人が集団を形成している。

イーブンパーの23位タイからスタートした丸山は、2連続バーディでスタートすると、4番、7番でもバーディ。この時点で首位に1打差まで迫ったが、その後はボギー、バーディを繰り返す展開。「残り2日間で7ストローク伸ばしたい」という。

そして、1オーバー34位タイからスタートした石川遼もスコアを伸ばしてきた。前半は2バーディ、1ボギー。後半に入ると距離の短い13番パー4でバーディを奪い、17番パー3はカラーから9mをパットでバーディ。最終18番パー5は2日連続の2オンとはならなかったが、バーディで締め一気に優勝争いに絡める位置に浮上してきた。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。