ニュース

国内男子アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップパナソニックオープンの最新ゴルフニュースをお届け

谷原秀人が今季2勝目! 賞金ランクトップに立つ!

大阪府にある茨木カンツリー倶楽部 西コースで行われている、国内男子ツアー第15戦「アジアパシフィック パナソニックオープン」の最終日。1日を通して厚い雲が覆ったものの、天候が崩れることもなく競技は順調に進行した。

記念すべき第1回大会のタイトルを獲得したのは、首位タイからスタートした谷原秀人。同じく首位タイに並び最終組をともにした矢野東に競り勝ち、通算16アンダーで今季2勝目を達成した。これで、賞金ランキングでは片山晋呉を抜いてトップに浮上。今年7月の絢香さんとの結婚後、初めての勝利ということもあり、「相当に嬉しいですね。これまでとは違う嬉しさ」と笑顔、笑顔の通算8勝目となった。

矢野は惜しくも1ストローク及ばず、通算15アンダーの単独2位。上がり2ホールを連続バーディで締める意地を見せたが、2週連続優勝にはあと一歩届かなかった。通算14アンダーの3位タイには、昨年のアジアンツアー賞金王ウェンチョン・リャン(中国)と久保谷健一が並んでいる。

首位に1ストローク差で最終組からスタートした横尾要は、終盤にスコアを伸ばし切れず、通算12アンダーの5位タイに終わった。また、深堀圭一郎宮本勝昌は通算7アンダーの12位タイ、海外招待選手のアンヘル・カブレラ(アルゼンチン)は通算6アンダーの18位タイで終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップパナソニックオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。