ニュース

国内男子ゴルフパートナー PRO-AMトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

今平周吾が2週連続V 3つどもえのプレーオフ制す

◇国内男子◇ゴルフパートナーPRO-AM トーナメント 最終日(22日)◇取手国際GC(茨城県)◇東コース6804yd(パー70)

2018、19年賞金王の今平周吾が通算22アンダーで並んだ近藤智弘大槻智春をプレーオフで下し、2週連続優勝を遂げた。今季2勝目で、ツアー通算7勝目となった。

<< 下に続く >>

2打差の2位で出た今平は「65」でプレーし、18位から「59」をマークした近藤、首位スタートの大槻とのプレーオフに突入した。プレーオフは18番で繰り返され、1ホール目でパーセーブできなかった大槻が脱落。2ホール目で先にバーディを奪った今平が、内側からバーディパットを外した近藤を振り切った。

比嘉一貴は最終18番で3パットを喫し、通算21アンダーでブラッド・ケネディ(オーストラリア)と並んで4位。大西魁斗が20アンダー6位、池田勇太が19アンダー7位で終えた。

通算18アンダー8位に清水大成ガン・チャルングン(タイ)。

<主な最終成績>
優勝/-22/今平周吾
2T/-22/大槻智春近藤智弘
4T/-21/比嘉一貴ブラッド・ケネディ
6/-20/大西魁斗
7/-19/池田勇太
8T/-18/清水大成ガン・チャルングン
10T/-17/和田章太郎田村光正スコット・ビンセント

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2022年 ゴルフパートナー PRO-AMトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!