ニュース

国内男子マンシングウェアオープンKSBカップの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼が初優勝を飾った思い出の舞台に臨む!

2008/05/20 10:01


国内男子ツアー第6戦「マンシングウェアオープンKSBカップ」が、5月22日(木)から25日(日)までの4日間、岡山県にある東児が丘マリンヒルズGCで開催される。

昨年は強風の為、初日の第1ラウンドが中止に。最終日に上位41名による、36ホールの決勝ラウンドが行なわれるイレギュラーな日程となった。そこへ、誰もが予想もしなかった結末が待っていた。ツアー初出場の当時15歳、高校1年生のアマチュア石川遼が、並み居るプロを抜き去り逆転優勝を飾ったのだ。2008年1月にプロ転向した石川が、ディフェンディングチャンピオンとして思い出の舞台を踏む。

今季の開幕戦では優勝争いに絡む活躍を見せ、5位タイの記録を残したものの、前週の「日本プロゴルフ選手権」で2試合連続の予選落ちを喫している。「去年の自分に負けないような良いゴルフをしたい」と意気込む石川が、1年を経て重ねてきた成長の跡を示すことができるか。

もう1つの見所は、前週のメジャー戦を圧勝し、永久シード獲得条件の25勝に王手をかけた片山晋呉。「すごく調子が良いし、チャンスだと思う」と、快挙達成に挑む。また、谷口徹谷原秀人、昨年2位に終わった宮本勝昌、主催者推薦により出場する17歳のタッド・フジカワらが参戦を予定している。

【主な出場予定選手】
石川遼片山晋呉谷原秀人谷口徹、近藤智弘、宮本勝昌藤田寛之手嶋多一小田孔明宮里聖志宮里優作T.フジカワ

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 マンシングウェアオープンKSBカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。