ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

8カ月ぶり男子ツアー公式戦 石川遼、今平周吾ら日本勢中心で再開

2020/09/01 12:08

◇国内男子◇フジサンケイクラシック 事前情報◇富士桜カントリー倶楽部(山梨)◇7566yd(パー71)

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2021年末までのロングシーズンになった今季の国内男子ツアーが富士山の麓で3日(木)に再開する。1月の開幕戦「SMBCシンガポールオープン」以来の第2戦。日本国内での初戦を無観客開催で迎える。

<< 下に続く >>

前年大会を制したパク・サンヒョンら韓国勢をはじめとした海外在住選手の大多数が、入国制限に伴い出場を見送った。105人のフィールドは昨季賞金王の今平周吾ら日本人のトップ選手がズラリ。シンガポールで6位だった木下稜介、7月の非公式試合「ゴルフパートナーエキシビション」で優勝した関藤直熙らが名を連ねた。

ことしからジャパンゴルフツアー選手会の選手会長を務める時松隆光は、前週福岡で行われた3日間のローカル競技で優勝し、上り調子で就任後初の大会を迎える。バトンを託した石川遼は8月のメジャー「全米プロゴルフ選手権」以来の登場だ。

昨年11月の「三井住友VISA太平洋マスターズ」で史上4人目のアマチュア優勝を果たした金谷拓実(東北福祉大4年)が主催者推薦で出場。片山晋呉谷原秀人宮里優作らベテランも満を持してリスタートする。池田勇太にはプロ2年目の2009年から11年続けてきた「年間1勝以上」(通算21勝)の積み上げが期待される。

予選ラウンドは今平、石川、金谷が同組で最注目グループでプレーする。

48回目の開催を迎える大会は2005年から富士桜CCで行われている。歴代優勝者でエントリーしたのは片山(2006年)、谷原(07年)、石川(09、10年)、岩田寛(14年)、星野陸也(18年)となった。

<主な出場予定選手>
秋吉翔太浅地洋佑池田勇太石川遼今平周吾岩田寛小田孔明片山晋呉木下稜介小平智塩見好輝関藤直熙谷口徹谷原秀人時松隆光比嘉一貴藤田寛之星野陸也堀川未来夢宮里優作金谷拓実(アマチュア)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 フジサンケイクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!