ニュース

国内男子つるやオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

岩田寛が首位キープ、宮里聖志らが追う

兵庫県にある山の原GC山の原Cで行われている国内男子ツアー第2戦「つるやオープン」3日目。決勝ラウンドに入っても、前日に引き続き青空が広がったが、代わりに強い風が吹き始め、選手たちを苦しめた。

第2ラウンドを終え、通算12アンダーで単独首位に立った岩田寛。第3ラウンドは、「グリーンが速くなっていたので、いつものストロークが出来なかった」と、前半はパットに苦しむ。9番からは4連続ボギーを叩き、一時は首位の座を明け渡した。だが、15番で4mのバーディパットを沈めると、続く16番でも7mを沈めて連続バーディ。結局この日は2つスコアを落としたものの、通算10アンダーで単独首位をキープした。

初優勝を目指す岩田だが、「優勝“したい”というのはないです。でも、優勝“する”っていうのはある」という。最少リードで最終日に挑むが、「人は気にしないでやって行きたい」と、静かに話した。

1打差で単独2位に続くのは、この日「65」とスコアを伸ばしたS.K.ホ。昨年は不本意なシーズンとなったが、「今年は開幕から2戦目で優勝争い出来るのが嬉しい」と笑顔を見せる。さらに1打差で、宮里聖志が単独3位につけている。「多分、(藍も)『どうせ…』って感じで見ていると思うけど、『おいっ!』って言われるような結果を出したいですね」。

注目の石川遼は、この日はスコアを伸ばせず通算1オーバーの38位タイに後退。それでも、大勢のギャラリーを引き連れて、6番パー5では直ドラを披露するなど、随所に沸かせるプレーを見せた。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 つるやオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。