ニュース

国内男子東建ホームメイトカップの最新ゴルフニュースをお届け

雨で日没サスペンデッド!石川遼は2アンダー暫定7位タイ!!

国内男子ツアーの開幕戦「東建ホームメイトカップ」が4月17日(木)、三重県にある東建多度カントリークラブ・名古屋で開幕した。スタート前から強い雨が降りしきる悪天候に見舞われ、9時25分にコース状況の悪化により一時中断。10時39分に再開したが、進行の遅れなどにより日没サスペンデッド。午後スタート組ほとんどの選手が、2日目の朝から残りのラウンドを行うことになった。

午前中にラウンドした選手はホールアウトし、暫定首位は3アンダーのS.K.ホ(韓国)、デビッド・スメイル(ニュージーランド)、小山内護小田龍一。さらに午後スタートでホールアウトした星野英正と3ホール残した手嶋多一を加えた6人が並んでいる。そして、この試合がプロとして男子ツアーデビュー戦となる石川遼が、15ホールを消化して2アンダー暫定7位タイと健闘している。

12時30分に10番からスタート予定だった石川は、中断などの影響で1時間30分後の14時にスタート。12番パー5でバーディを奪うと14番でボギーを叩いたが、15番、17番とバーディを奪い2アンダーまで伸ばした。後半に入り、3番パー3でボギーを叩くが、5番で再びバーディ。この日は4バーディ、2ボギーという内容だった。

マスターズで予選落ちし、帰国直後この大会に出場している片山晋呉は、16ホールを消化しイーブンパーの暫定15位タイ。スタートの10番でボギーを叩いたが、15番でバーディ。その後も安定感のあるゴルフを見せた。同じく、マスターズ帰りの07年賞金王・谷口徹は、序盤2アンダーまでスコアを伸ばすが、18番でダブルボギーを叩くと折り返し後の1番からは3連続ボギー。さらに7番、8番と連続ボギーを叩き5オーバー。残り1ホールを残し暫定106位と出遅れてしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 東建ホームメイトカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。