ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

小田孔明4年ぶり首位発進 “誤球”の松山英樹&星野陸也は56位

2018/11/15 16:04

◇国内男子◇ダンロップフェニックストーナメント 初日(15日)◇フェニックスカントリークラブ(宮崎)◇7027yd(パー71)

2014年賞金王の小田孔明が7バーディ、2ボギーの「66」でプレー。5アンダーで、14年「ゴルフ日本シリーズJTカップ」以来4年ぶりとなる首位発進を切った。

「すいません、すいません」。小田は同伴競技者に頭を下げながらプレーしたという。第1打が何回も林に入り、そのたびにアイアンで好リカバリーを見せた。12番、14番ではいずれも第1打を左の林に突っ込ませながらバーディ。「(同じ組の)Y.E.ヤンさん、山下和宏さんが『なんでこれで5アンダーなんだろう』って首をかしげていた」と恐縮しながら好スタートを決めた。

1Wショットの不振について「原因が分からない。謎。先週は一切曲がらなかったのに」と不安をのぞかせながら、他の13本のクラブの出来には自信がある。「パターに救われた。フェアウェイにさえ行ってくれれば、バーディチャンスにつけられるくらいアイアンはキレている」と力を込めた。

1打差2位に稲森佑貴岩田寛比嘉一貴竹谷佳孝大堀裕次郎、ともに米ツアー1勝のエミリアノ・グリジョ(アルゼンチン)とアンドリュー・パットナムら9人が並んだ。

大会3連覇を目指す世界ランキングトップのブルックス・ケプカは2アンダーの18位とし、谷口徹片山晋呉らと並んだ。賞金ランキング1位の今平周吾はイーブンパーの42位で初日を終えた。

前半14番の第2打でお互いのボールを間違えて打ち、誤球による2罰打を受けた松山英樹星野陸也はともに1オーバーの56位。松山は同ホールでダブルボギーをたたいたほか、4バーディ、3ボギーだった。

石川遼は2オーバーの68位。5カ月ぶりにツアーに出場した中嶋常幸は7オーバーで出場84人中83位、尾崎将司は9オーバーの84位になった。

<主な上位成績者>
1/-5/小田孔明
2T/-4/稲森佑貴岩田寛比嘉一貴竹谷佳孝大堀裕次郎E.グリジョA.パットナムY.E.ヤンリュー・ヒョヌ
11T/-3/藤田寛之池村寛世竹安俊也久保谷健一 ほか
18T/-2/B.ケプカ谷口徹片山晋呉片岡大育堀川未来夢 ほか

56T/+1/松山英樹星野陸也宮里優作

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。