ニュース

国内男子住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

ウェストウッド、追撃かわして大会2連覇

3打差はやはり厳しかった。終盤の3連続バーディで必死に追い上げたジョー尾崎も、17番ショートホールでボギー。18番では3Wで果敢に2オンしたもののグリーン上段につけてノーチャンス。
「やっぱりスプーンじゃ止まらないよな。その前に17番でボギーにしちゃうのがいけないんだけど」と直道。17番のミスは「ちょっと深く入ってしまった」のが原因という。 「完全にかぶってしまった。アドレナリンも入っていたし、あれを一息おいてから打てるようになるといいんだけど・・・プレッシャーのかかる前に打ってしまいたくなるんだよね」
出るのは反省ばかりという。日本では失敗しても2位だが、米国でこういうケースになると「一気に20何位に落ちちゃう」のだとか。

また最終18番でイーグルとして一気に2位に上がったジャンボ尾崎もついにウェストウッドをとらえきれなかった。 「こういのが一番悔しいんだよ」とジャンボ。しかし「ゴルフの内容はいいから、来週が楽しみだ」
ジャンボはこれで獲得賞金1億5870万円。丸山茂樹との差は4600万円。マルの賞金王の夢はは限りなく遠のいた。

L.ウェストウッドは昨年に続いての2連覇。最終日は決して絶好調とはいえないラウンド内容だったが、なんといっても欧州ツアー3位。 「去年に比べると今年はプレッシャーが強かった」が、必死にタイトルを守り抜いた。
「尾崎兄弟の強さというのを今日はよく味わった。ジョーの強さは米ツアーでも知っていた。ジャンボはロングヒッターだから、いつイーグルを取ってくるか心配だったんだ」とウェストウッド。ラッキーなことにジャンボのイーグルは最後の最後、どんづまりの18番。もう遅すぎた。

優勝争いには関係なかったが、この試合の杉原輝雄の元気ぶりも特筆もの。60台のスコアを3日並べたんだから、やはりすごい。ジャンボが感心するわけです。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

1997年 住友VISA太平洋マスターズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。