ニュース

国内男子国際オープンゴルフ東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

ジョーブ、プレーオフを制しての勝利

前日首位タイだった2人のマッチレース的な展開。二人ともスコアを伸ばしての死闘だった。18ホールでは足りなくて、プレーオフにまでもつれこんでの争いは、とうとうブラント・ジョーブの上に輝いた。

ジョーブは2番3番、6番7番とバーディ。しかし8番11番でボギー。ちょっと雲行きが怪しくなったきた。 「長い1日だった。ボギーを打ったのでなんとかバーディをと思っていたが、 12番でようやくイーグルがとれて気分が楽になった。ワッツも調子が良かったし、15番以降は難しいから、何がおきるかわからない。なんとか貯金を溜めておこうと考えたていたんだ」という。
しかし、長い1日は終わった。 「とにかく勝てて良かったよ。結婚費用がかかったからね」とジョーブ。1980万円。立派な引き出物。十分費用のもとは取れたはずだ。

「悔しいね」とブライアン・ワッツ。 「プレー自体は悪くなかった。ま、今日はジョーブに幸運の女神がほほえんだということだね。彼を讃えよう。一緒にプレーして楽しかったよ」

丸山茂樹は出だしのパー4でなんと「7」。しかしすぐ3連続バーディで4番ホールでイーブンに戻した。 「イヤー、やっちゃいました。セカンドの8番アイアンがギャラリーの方まで行ってしまって・・。でも後のプレーはまぁまぁ。この4日間、ずっと10位以内でプレーできたんで、自分としては満足してます。疲れが出ていた割りには、こんなものかなという感じ。また、頑張りますよ」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

1997年 国際オープンゴルフ東海クラシック




特集SPECIAL

全米オープン
2019年のメジャー第4戦「全英オープン」は18日(木)に開幕する。
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。