ニュース

国内男子アコムインターナショナルの最新ゴルフニュースをお届け

初日は横尾要が稼ぎまくって17ポイント

1998/11/05 18:00


今週の開催はアコムインターナショナル。これまで8月に開催されていたユニークな形式(ステーブルフォード競技)の試合だ。通常のストロークプレーと違い、各ホールのスコアによってポイントを稼いでいく。パーなら0点、バーディは2点、イーグルは5点、アルバトロスなら8点が加算。ボギーはマイナス1点、ダブルボギー以上はすべてマイナス3点。
つまり石橋を叩いて固くプレーするよりも、ちょっと冒険した方が好結果になりやすい。ボギーを10ホール叩いたって、バーディ5つで帳消しになる。

さて初日の首位に立ったのは横尾要。17ポイントを稼いだ。単純にバーディだけなら8ホール半が必要だが、7バーディ(×2=14点)、1イーグル(×5=5点)、2ボギー( -2点)でトータル17ポイント。また2位伊沢利光は8バーディ(16点)、3ボギー( -3点)の13ポイント。パーブレイク男の鈴木亨はもちろん1イーグル(5点)を獲得。しかし4バーディ(8点)、3ボギー( -3点)でトータル10ポイント。3位。

横尾要は「面白いな、このゲーム」と満悦。「長いのが2発入った。びっくりのポイント。1日で17ポイントはすごいね」
「いいスコアで上がればどんどんポイントが上がるんだから、いつものプレーと同じ。ただダボだけはやっちゃいけない」という方針でプレーした。「2番ロングなんかも池には入れたがダボだけは叩くまいと思ってやった」という。3打目を3番アイアン。4打目で4W。4メートルにつけてパー。
「これが大きかった。このパーが次のホールのイーグルにつながったね」 486ヤードと短いホールだが、残り217ヤードを5番アイアンで5メートルに乗せて、1パットで決めた。
「このポイント制、ボクにあってるのかな」と最後まで笑いがとまらなかった。

関連リンク

1998年 アコムインターナショナル




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~