ニュース

国内男子Philip Morris Championshipの最新ゴルフニュースをお届け

ジャンボ、14人抜きの大逆転!

1998/11/01 18:00


ジャンボの神通力はまだまだ衰えていなかった! 15位タイからスタートしたジャンボ尾崎は8バーディ、2ボギー。最終18番では4番アイアンで9メートルに乗せてのイーグル。原田三夫、C.フランコを1打かわして逃げきった。

「今朝から大爆発の予感があった。ショットの手応えもいいし、練習場でもいい感触。あとはグリーン上の問題だけだったんだけどね」とジャンボ。「自分の能力が怖くなってくるよ」
「パットさえ入ればかなりのアンダーが出せるとは思っていたが、こういう逆転になるとは。本当に嬉しい。佐野木(キャディ)もよく読んでくれたし、ここのギャラリーは特に燃えさせてくれる。こういう感動のゲームをギャラリーにこれからも見せていきたいね」

ま、何を言われても仕方ない。そのジャンボが「正直言うと、終わるのを待ってる間、ドキドキしてた」という相手の一人、C.フランコは「悔しい!」の一言。
「プレーは良かったんだ。それなのにスコアが伸ばせなかった。12番から17番までなんか毎ホールがバーディチャンスだったのに、1回も入らない。しっかり打ってるんだけど、ボールがちゃんと転がってくれなかった・・・」とフランコ。「日本での最終戦に勝ってから米ツアーのテストに行きたかったんだけどね。そうは簡単にいかないか・・」

原田三夫も惜しかった。「前半はしのぎ倒した感じです。シードがかかってるんだから、クサってる場合じゃないと思った。一歩一歩行こうと考えました」
16番でジャンボのイーグル大歓声を聞いた。「自分より上の人がいる。なんとかあと2つ取らないと勝てないとと思って上がり2ホールをプレーしたんですが」
しかしチャンスのロングホール、18番でティショットをミス。短いバーディパットも入らなかった。「2位は大きいです。でも、やっぱり惜しかった・・」

杉本周作もボギーが連発した。18番でバーディがやっときたが、すでに遅すぎた。「2番バーディでいい出だしと思ったんですが、甘くなかったですね。やっぱりプレッシャーがありました」
トップでスタートしたはずだったのに、前半を終わってリーディングボードを見たら様相がガラリと変わっていた。「あーあ、みんな上に来たなー・・・」と変な感慨があったという。「また頑張ります」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

1998年 Philip Morris Championship




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。