ニュース

国内男子ジーン・サラゼン ジュンクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

C.パリーも浮上。上位は外国勢が独占!

1998/09/25 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 C.パリー -8 136
1 E.エレラ -8 136
3 T.ハミルトン -7 137
3 C.フランコ -7 137
5 深澤幸雄 -6 138
5 飯合肇 -6 138
7 川岸良兼 -5 139
7 伊澤利光 -5 139
9 牧野裕 -4 140
9 溝口英二 -4 140

スコア詳細を見る

初日首位のE.エレラもスコアを伸ばしたが、下から追い上げてきたのはC.パリー。しかもT.ハミルトン、C.フランコと続き、上位は外国勢に独占されてしまった。

E.エレラに追いつき首位タイとなったC.パリーはチッピングとパッティングが好調で、「とても良いプレーができた」と自分を誉めた。アウトでは1回グリーンをはずしただけ。インでは4バーディ。
ロペ名物浮島18番では2オンが狙えず、やむなしの3オン。1パットにおさめてのナイスパーセーブだった。しかし「フィニッシングホールにこのホールがあるのはすごく良い事だと思う」と言ってのけた。
「2日で4アンダー位だと思っていた」がその倍、8アンダーを稼いだ。

2日目のE.エレラはちょっと出入りの激しいゴルフだった。5バーディ、3ボギー。「まだまだ決められるパットもたくさんあったし、アプローチでのミスもあった。もっとスコアを伸ばさなければならない」と小さく反省。しかし「今日もいいプレーができたよ」と大きく肯定。
「しかし大会2連覇のことを考えるには、まだ早すぎる。でもこのコースが大好きだし、プレーを楽しめるね」

T.ハミルトンが上がってきた。この日はボギーなし。6バーディを入れた。「今日はミスの幅が小さかった。今までなら林やバンカーに行ったボールが、今日はラフ程度ですんだから」
パー5のホールをすべてバーディとした。「最近、ゴルフにフラストレーションがたまっている。これをキッカケにゴルフを変えたいね」


特集SPECIAL

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~