ニュース

国内男子NST新潟オープンゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

初日は雷雨のためサスペンデット

雨に見舞われた初日、試合は雷のため一時中断し、18時40分、日没のためサスペンデットとなった。残りの組数は計8組。ホールアウトできていない主な選手は江本光が4アンダー(14番終了)、牧野秀一(17番終了)、松永一成(7番終了)など。

ホールアウトしたなかではR.ギブソンがボギーなしの6アンダー。「暑くもなく風もなく、グリーンもソフトだったので良いラウンドができた」というギブソン。66は今季のベストスコアだという。

斎藤毅は3番ショートでホールインワン。9番ロングではイーグル。ボギーが2ホールあったものの66でホールアウトした。「でき過ぎです。レギュラーツアー初出場なので思いきり楽しんでプレーできました」 斎藤は主催者推薦で出場。ホールインワンはプライベートでも初めてだという。また「1ラウンド、2イーグル」ももちろん初めて。初舞台でラッキーがいきなり舞い込んだ。

第1ラウンド確定。首位は動かず(7/31)

早朝7時からサスペンデットのゲームが再開され、無事終了。S.コンラン、牧野秀一が68として4位タイに入っているほかは大きな変動は見られなかった。

関連リンク

1998年 NST新潟オープンゴルフ選手権




特集SPECIAL

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~