ニュース

国内男子アイフルカップゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

伊沢利光、急浮上で首位タイへ!

1998/07/25 18:00

コンランはスコアを伸ばして持ちこたえている。しかし66をマークした伊沢利光が一気に上がってきて首位タイ。ジャンボ尾崎もじっくりと好位置をキープ。勝負の行方は最終日次第。混沌としている。

伊沢利光はほとんど1ホールおきにパーとバーディがくる面白いラウンドだった。しかし最後の18番で10メートルを3パットしてボギー。単独首位には立てなかった。「ドライバーがぜんぜんダメ。だけどホール自体は狭くないから、ドライバーを使う意味はあると思っている」という伊沢。8回ドライバーを使ってフェアウェイに行ったのは1ホールだけだった。
「トーナメントリーダーなんて、何年ぶりだろう。最終組というのも去年のミズノオープン以来かな。ま、明日はドライバーしだいです」

コンランもしっかりプレーしている。今日は5バーディ、1ボギー。「トップタイのフィニッシュというのは気分がいい。満足している。明日も気負うことなくプレーしたい」
最終的には15アンダーから16アンダーが優勝ラインとコンランは読んでいる。

ジャンボは首位に2打差。もちろん絶好とでもいうべき位置だ。「これだけ混戦のなかでは66を出さないといけない。66の方程式は分かってるんだが、そのイメージがまだ出ていないんだよ」
ジャンボによるとこのコースでの67や68と、66ではまったく次元が違うのだという。その66の方程式がわかってはいるのに、まだ解けない。

関連リンク

1998年 アイフルカップゴルフトーナメント




特集SPECIAL

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~