ニュース

国内男子三菱自動車トーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

1打差に8人。上位は大混戦

2日目はオーストラリアのR.バックウェルが一気に8アンダーとして首位にたったが、ジャンボ尾崎、深堀圭一郎片山晋呉などなど7人が1打差で追いかけている。大混戦だ。

単独トップにたったR.バックウェルは、前日48位イーブンからのスタートで63をマークした。本人も「8アンダーは始めて!」好スコアの要因は?と聞かれ「昨日お好み焼きを食べたことかな」と冗談をいう。実は4~5年前までコーチだったケン・バートンと再び組むようになったからとか。

3バーディ、1ボギーとした、ジャンボ尾崎。開口一番「敗因はドライバーを変えた事。練習では、パッと打てるんだけど本番はやっぱり違うね」後半はロングホールの17番、18番以外ドライバーを使わずにプレーした。ムリに使うとスウィング全体がわるくなる。
新ドライバー? てっきり全米オープンに向けての調整かと思ってしまうが「それは別問題、今日は予選だから・・・。明日はもとのクラブにもどしてプレーする。新しモノ好きはバツをくらうね」

初日の苦戦が嘘のように選手たちの多くは気分よくプレーしている。明日3日目で誰がどこまでスコアを伸ばせるか。激しい戦いになった。

関連リンク

1999年 三菱自動車トーナメント




特集SPECIAL

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~