ニュース

国内男子デサントクラシックマンシングウェアカップの最新ゴルフニュースをお届け

強風吹き荒れ試合中止!

1999/04/02 18:00

全国的に強い風が吹き荒れた。会場となった太平洋C市原でも10メートルから15メートルの風が吹き、瞬間的には風速30メートル近くにも達したため8時58分に一時中断。グリーン上ではボールが停止しない状況になった。

谷昭範など4番グリーンでパッティングしようとしたらボールが1~2メートル転がり、再度マークして打とうとしたところ今度はグリーンの外まで転がり出てしまったという。また1番2番ホール間の大きな杉が2本ひび割れて傾いた。急遽切り倒したがこのままではギャラリーにケガがでるかもしれないとの心配も出てきた。

このため12時まで待ったものの鈴木規夫チーフディレクターは2日目のプレー中止を決断。明日土曜に第2ラウンドを最初からやりなおすこととなった。最終日に36ホールをプレーしてなんとか72ホールラウンドにとも検討したが無理と判断、54ホールの短縮試合と決定したもの。賞金加算は75パーセントに減額される。ほんとに、今年のツアーは御難が続く。

関連リンク

1999年 デサントクラシックマンシングウェアカップ




特集SPECIAL

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~