ニュース

国内男子久光製薬KBCオーガスタゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

伊沢利光、逃げきって今季V2

2000/08/27 18:00

気温35度。杉本周作と伊沢利光の一騎討ち?という雰囲気でスタートした最終日だったが、3番パー3のバーディ・ボギーであっという間に2打差。伊沢は畳みかけるように6番ロングでもイーグルを奪い、そのまま差を拡げて独走優勝を飾った。

4日間のスコアを並べてみると67-65-71-67。3日目はちょっと一服しただけという印象だ。あの過酷な全米プロを4日間戦いぬいて日本人最高位。時差ボケもとれない帰国早々の試合であっさり勝ってしまった。6月のTPCイーヤマに続く今季2勝目。肉体的にも精神的にも超タフとしか言いようのないスーパーマンだ。

伊沢利光は3番バーディのあと6番イーグル、13番バーディの67。危なげない勝利だった。「やったな、という感じ。16番のパーで勝ちかなって思いました。欲を言えばキリがないんですが、今回の出来は80点くらいですかね。後半は伸び悩んだし、最後(18番ロング)の3パット。スコア的にはまずまずですが、多少の反省点もある」

この試合、出場するかどうかを実は迷っていた。「体はけっこう楽だったんです。毎日9時くらいに寝てました。2日目の夜はシャブシャブ食べに行ったんですが、あまり食べられなくて、それで昨日また行ってきたくらいで」

今年の目標は「去年(4位)よりランクを下げないこと」という。今週で7367万円を稼いだが、しかし賞金王とかなんとかということは、日本シリーズあたりで考えようと決めている。「今回の勝ち方はよかったです。自分で勝ったって感じ。そんなこと言うと、ジャンボさんみたいですね。目指せジャンボさん!ですから」

4バーディ、3ボギーと伸ばせなかった杉本周作。「伊沢さんが良かったから・・。単独2位ということには満足してます。アンダーパーでは回れていまし、自分の中では満足してます」

6番ホールで杉本はバーディ。しかし伊沢はイーグル。「あれで開いてしまった、という気持ちは正直あります。やはりあのイーグル、強烈です」 本当は、やはり69ぐらいではホールアウトしたかったという。

これで来週の日本プロマッチプレー出場がギリギリで決まった。「また来週から再スタートです。たぶん伊沢さん(出場ランク1位)との組み合わせになるんですかね」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2000年 久光製薬KBCオーガスタゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。