ニュース

国内男子日本プロゴルフマッチプレー選手権プロミス杯の最新ゴルフニュースをお届け

片山晋呉が1回戦敗退。ランキング上位がほぼ順当に勝ち上がった

国内男子ツアー「日本プロゴルフマッチプレー選手権プロミス杯」が8月30日(木)に、北海道のニドムクラシックで開幕した。日本のツアーで唯一のマッチプレーであり、賞金額も大きいため、各選手勝負師となり駆け引きをする。

初日は2週間前までの賞金ランキングの1位と32位、2位と31位という組み合わせで行われたが、いきなり番狂わせが起こった。ランキング1位で望んだ片山晋呉が、同36位ながら欠場者が出たため繰り上がって出場した米山剛に敗れたのだ。

出足の1番ホールで片山がパーセーブできなかったため米山の1アップ。2番は分けたが、3、4番でも米山が取り3アップとなった。その後9番で米山の1アップまで戻したが、17番で米山がバーディを奪い決着がついた。

初日から緊迫した試合が続き、18ホールで勝負がつかず、エキストラホールに突入した試合が3つあった。ランキング3位の田中秀道D.チャンドの試合は、一進一退の好ゲームとなり、21ホール目にバーディを奪った田中が2回戦に駒を進めた。

「今日はどっちが勝ってもおかしくない良いゲーム。マッチプレーは難しいけど、まあまあ自分のプレイができた。全米プロまでの悪いゴルフではなく、良いゴルフを取り戻したい。今日もそうだったけど、いい成績を欲しがっている」

マッチプレーではゲームの流れが勝敗を大きく左右する。藤田寛之東聡の試合はまさにそんな展開だった。4番ホールで1アップした藤田は、3ホール連続でポイントを奪った。そして8、10、11番でも奪い6アップにすると、13番のドーミーホールを分け、6アンド5(5ホール残して6アップ)という一方的な勝負となった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 日本プロゴルフマッチプレー選手権プロミス杯




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!