ニュース

国内男子日本ゴルフツアー選手権イーヤマカップの最新ゴルフニュースをお届け

1人ペースを崩さなかった宮本勝昌が2位に7打差で優勝!

国内男子ツアー「日本ゴルフツアー選手権イーヤマカップ」の最終日。これまで3日間にはなかった強風がコース内を駆け巡った。最終日ということで難しいピン位置に加え、強風に各選手スコアをまとめることができなかった。この日アンダーパーで回ったのは宮本勝昌ただ一人。

J.M シンと並んで12アンダーの首位でスタートした宮本勝昌は、終始リラックスしたマイペースを保ち周りがスコアを落とす中、要所でバーディを奪い後はひたすら我慢のゴルフで耐え抜いた。

前半は4番、8番でバーディを奪い、後半も10番パー5でバーディ。14番でこの日初めてのボギーを叩くが、続く15番では約10メートルをピップインでバーディを奪った。「年に2回か3回しか入らないようなチップインが、こんなときに入ってくれて嬉しいですね」宮本はその後パーセーブを続けた。

「せっかくこういう時期に優勝することができたので、年間1勝に終ってしまわないようにしたい。調子に波があるので、その波を小さくしたいです」

今回の優勝でツアー3勝目となったが、前回の優勝は3年前の日本シリーズ。このときも複数年シードを獲得している宮本だが、前回の優勝後は米ツアーにチャレンジした。しかし、調子を崩し成績を残せないままあえなく帰国となった。今回も5年間のシードを獲得したのだが、米ツアー参戦についてはじっくり考えるようだ。前回は1人きりで渡米し苦労もあったが、現在は日大の同期でもある横尾要、そして先輩の丸山茂樹がいるので、気分的にもラクだろう。

また、9アンダーの4位からスタートした田中秀道は、7番パー3でバーディを奪い、2週連続優勝に向け追撃体制に入ったのだが、10番で池につかまりダブルボギー。続く11番ではトリプルボギーを叩き5アンダーまで後退してしまった。しかし、終盤2つのバーディを7アンダーまでスコアを伸ばし4位タイで終了した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 日本ゴルフツアー選手権イーヤマカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。