ニュース

国内男子日本プロゴルフ選手権大会の最新ゴルフニュースをお届け

D.ウィルソン6アンダーで独走。2位に8打差でビッグタイトル目前。

日本プロゴルフ選手権3日目。この日はスコアを伸ばした選手はゼロ。ますます硬くなるグリーンにスコアをキープするのが精一杯だった。

2日目に単独トップに立ったD.ウィルソンが3バーディ、3ボギーで6アンダーをキープ。「このコースは何が起こるかわからない。グリーンが難しくて硬いから、すごく良いショットを打たないと(ピンに)寄らない。もし、明日僕がパープレーで回れたら、追いつくには8アンダー。8アンダー・・・それはまず考えられないと思います」この大きな貯金を大切に、パープレーで逃げ切りたいところだ。

2位タイでスタートした深堀圭一郎飯合肇はそろって5オーバーのラウンドで9位グループに後退した。代わって順位を上げたのは昨年、惜しくも最終日に逆転優勝をゆるした東聡。5番でバーディを奪った直後、6番パー5でダブルボギーを叩いた東だが、その後はボギー1つでしのぎ、通算2オーバー。単独2位に上がった。「2年連続の最終組は、これも何かの縁でしょう。明日はボギーを打たないで、バーディラッシュを期待するしかないね」昨年の雪辱には、ちょっとスコアの差がありすぎるかもしれない。

優勝すると5年間のシード権が与えられることになっているが、D.ウィルソンはこの資格がのどから手が出るほど欲しい。「将来はアメリカでプレーしたいと思っています。日本のツアーでプレーするのは好きだし、日本は好き。今、急いでアメリカに行こうとは思ってません。でも向こうのほうが言葉の問題とかがないので、向こうでプレーしていたほうが楽だと思います。5年のシードがあるのならば、来年(米ツアーの)Qスクールに挑戦するのも良いかもしれない」優勝そして5年シードはすぐ目の前にぶら下がっている。2週前の中日クラウンズでD.クラークと最後まで優勝争いをした経験は、ウィルソンにとって大きな自信になっているようだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 日本プロゴルフ選手権大会




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!