ニュース

国内男子日本プロゴルフ選手権大会の最新ゴルフニュースをお届け

ベテランの佐藤英之とR.バックウェルが3アンダーで首位

今シーズン最初のメジャー「日本プロゴルフ選手権」が、奈良県のKOMAカントリークラブで開幕した。

初日は風が吹き、選手たちはボールコントロールに苦しんだ。その悪条件でスコアを伸ばしたのは、R.バックウェルと佐藤英之の2人だった。

<< 下に続く >>

3番パー3で4メートルのバーディパットを沈めたバックウェルは、5番でボギーを叩いたが8、9番で連続バーディを奪った。

「今週は火曜日に18ホール、水曜日にフロント9を練習しただけなので、今日はバック9で思い出せないホールがいくつかあった」というバックウェルだが、後半でも1つスコアを伸ばし通算3アンダーまで伸ばした。

17番パー5ではグリーンエッジからの3打目に6番アイアンを使用し30センチに寄せてバーディ。「別に風が強いから6番アイアンを使ったわけではない。球を転がすアプローチのほうが得意なので・・・グリーンサイドのラフからパターを使った、テキサスウェッジをすることもあります」

また、同じく3アンダーにつけているのは4バーディ、1ボギーでラウンドした佐藤英之。“ぎっくり腰”ならぬ“ぎっくり首”を持つ佐藤は1998年にシード権を失うと、99年は245位。ゴルフどころか、寝返りさえもうてないほどの痛みに悩まされていた。

「これは10年以上前から。あと、年齢的に痛めても直りが遅くなってきたのもあったので・・・そんなのが尾を引いていますね」

佐藤は昨年12月からレッスンを始めたという。「生活するために。レッスンは一週間に2日です。まだ、ちょっとゴルフをやりたいので、最低限生活ができるだけレッスンをして、後は自分のゴルフをやろうと・・・」。

苦労人の佐藤が明日以降、首の痛みを再発せずにスコアを伸ばすことができるか。3位には2アンダーで尾崎健夫今野康晴小山内護の3人が並んでいる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 日本プロゴルフ選手権大会




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!