ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

先週覇者のキム・ヒョンソンが首位タイ! 遼は2週連続の予選落ち

◇国内男子◇フジサンケイクラシック 2日目◇富士桜CC(山梨)◇7,437ヤード(パー71)

27位タイからスタートしたキム・ヒョンソン(韓国)が6バーディ、1ボギーの「66」をマークし、プラヤド・マークセン(タイ)と並び5アンダーの首位タイに浮上。2週連続優勝に向け、好位置につけて決勝ラウンドを迎える。

通算4アンダーの3位タイに宮本勝昌岩田寛。通算3アンダーの単独5位に河野晃一郎。通算2アンダーの6位タイに、谷原秀人キム・キョンテ(韓国)、武藤俊憲細川和彦ら7人が続く。藤田寛之は通算1アンダーの13位タイ、昨年覇者の諸藤将次は通算2オーバーの50位タイで決勝へ。63位タイからスタートした石川遼は、前半アウトの乱調が響いて1つ落とし、予選カットラインに1打及ばずの通算3オーバー。63位タイで国内2週連続の予選落ちを喫した。

キム・ヒョンソンは「半端じゃない」カムバックで首位に>
前週の「VanaH杯KBCオーガスタゴルフトーナメント」で待望の日本初勝利を飾ったヒョンソン。ツアー王者として初めて迎えた今大会の出だしは大荒れの展開だった。前日の第1ラウンドは開始7ホールで4ボギー、1ダブルボギーの6オーバー。標高が1000メートル前後に達するホールもある富士桜カントリー倶楽部で距離感に苦しんだ。

しかし続く8番ホールから普段よりも番手をひとつ下げてショットを放つと、一気に挽回。その後6バーディを取り返して結局初日イーブンパー。この2日目も9メートルを沈めた前半11番から3連続バーディを決めるなど、6バーディ、1ボギーのベストスコア「66」をマーク。お決まりのフレーズ「半端じゃない!」が飛び出した。

今大会開幕前はコース近隣の焼肉店に、20名以上の韓国勢が集結し、恒例の祝勝会を実施。初めて祝われる立場になって出席した。早くも訪れた2勝目のチャンスには「分からないです」と繰り返すが、「今は楽しみながらゴルフをやれています。気持ちよくプレーできている」と表情を緩ませる。2試合連続勝利となれば、2008年のプラヤド・マークセン(「三菱ダイヤモンドカップゴルフ」、「~全英への道~ミズノオープンよみうりクラシック」)以来。また、07年に谷原秀人が達成した2週連続優勝(「フジサンケイクラシック」、「サントリーオープン」)の快挙達成はなるか。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 フジサンケイクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。