ニュース

国内男子日本ゴルフツアー選手権 Citibank Cup Shishido Hillsの最新ゴルフニュースをお届け

小林が単独首位に! 遼は2週連続の予選落ち

茨城県の宍戸ヒルズカントリークラブで開幕されている、国内男子ツアーの今季メジャー第2戦「日本ゴルフツアー選手権 Citibank Cup Shishido Hills」の2日目。首位タイからスタートした小林正則が3ストローク伸ばし、通算5アンダーの単独首位で決勝ラウンドを迎える。

通算4アンダーの単独2位にキム・ヒョンテ(韓国)、通算3アンダーの単独3位にS.K.ホ(韓国)。通算2アンダーの単独4位に山下和宏が続いている。山下と並び首位タイからスタートした小泉洋人は、丸山大輔J.チョイと並び、通算1アンダーの5位タイに後退。大会連覇がかかる宮本勝昌は4ストローク伸ばし、通算3オーバーの23位タイに浮上した。119位タイからスタートした石川遼は6ストローク落とし、通算18オーバー119位タイのままで予選落ちを喫している。

<2勝目を狙う小林正則がトップをキープ>

2アンダーの首位タイからスタートした小林は、前半2番(パー5)で残り190ヤードの第2打を5番アイアンで2オンに成功すると、2パットで確実にバーディ。6番でボギーとするが、後半インも魅せた。「完璧でした」という15番(パー5)は圧巻。フェアウェイから残り240ヤードの第2打を3番アイアンでピンそば2メートルにピタリ。イーグルを奪ってガッツポーズを作った。初勝利を挙げた「とおとうみ浜松オープン」からわずか2週間で、日本タイトルも届く位置に。「また勝ちたいなんて、とんでもない。でも、できれば優勝したい。それに向けてベストは尽くします」と決勝ラウンドへ気を引き締め直していた。

<山下和宏は2日続けて「70」をマーク>

初日の雨は上がったとはいえ、この日もタフなコースに多くの選手が苦しむ中、山下は2日連続で2バーディ、1ボギーと安定感を発揮。3番(パー3)でボギーを先行させるが「チャンスは来るだろうと思って、ボギーを減らそうと心掛けていた」と、その後は冷静に対処。後半に入って2つバーディを奪った。河井博大小林正則と今季はツアー初優勝者が続出。「河井さんはタイプ的にも似ているし、刺激になります。気後れしないように頑張りたい」と、その流れに乗って悲願を成就させたい。

<石川遼は挽回できず2戦連続の予選落ち>

初日に大崩れした石川は、汚名返上とはいかなかった。パットが極度の不調に陥り、3番(パー3)では1.5メートルのバーディチャンスから、なんと3パット。後半にも13番で4パットするなど、グリーン上で表情が凍りついた。結局3バーディ、4ボギー、1ダブルボギー、1トリプルボギーの「77」で通算18オーバーの119位。「ストロークがバラバラだった。練習していきたい。これが自分の実力です」。この日は、2日目としては大会史上最多の4970人のギャラリーが来場したが、前週の「ダイヤモンドカップゴルフ」に続く予選落ち。唇を噛みながらコースを後にした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 日本ゴルフツアー選手権 Citibank Cup Shishido Hills




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。