ニュース

国内男子現代キャピタル招待 韓日プロゴルフ対抗戦の最新ゴルフニュースをお届け

日本が1ポイント差で韓国を撃破!

韓国・済州島のヘビチCCで開催されている、男子ゴルフの日韓対抗戦「現代キャピタル 韓日プロゴルフ対抗戦」の最終日。この日はシングルス戦10試合がおこなわれ、互いに一歩も譲らず5勝5敗の五分。最終日を前に1ポイントのリードを奪っていた日本が逃げ切り、今大会初のタイトルを獲得した。

6年前に開催された第1回大会では敗北を喫しており、見事にリベンジを果たした日本。トップスタートの小田龍一は敗北を喫したが、続く宮本勝昌藤田寛之が連勝。さらに小田孔明横尾要と勝利を重ね、怒涛の4連勝で4ポイント差に広げる。

<< 下に続く >>

日本の勝利にリーチをかけて残り5組を迎える中、丸山大輔は惜しくも1ストローク差で敗北。日本の勝利を確定させたのは、7組目の薗田峻輔だった。1ストローク差で迎えた最終18番パー4。2打目をピン側30センチに絡めるスーパーショットを見せ、バーディフィニッシュ。青木功キャプテンと抱き合い、勝利の喜びに浸っていた。

後続の池田勇太石川遼片山晋呉は敗れたため、終わってみれば僅かに1ポイント差の接戦となった。青木キャプテンは表彰式で、「勝てて本当に嬉しい。とにかく嬉しいの一言」と、満面の笑みを見せていた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 現代キャピタル招待 韓日プロゴルフ対抗戦




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!