ニュース

国内男子日本ゴルフツアー選手権 宍戸ヒルズカップの最新ゴルフニュースをお届け

近藤が首位を堅守!1打差で広田と真野が追走

茨城県にある宍戸ヒルズカントリークラブで行われている、国内男子ツアー第12戦「日本ゴルフツアー選手権宍戸ヒルズカップ」の2日目。昨年は好スコアが続出していたが、今年は大会屈指の難コースに仕上がり、メジャー大会にふさわしいサバイバルレースとなった。

大会2日目、5アンダーの首位からスタートした近藤智弘は、この日も順調な立ち上がりを見せ、徐々にスコアを伸ばしていく。16番を終えて通算8アンダーまで伸ばし、独走態勢に入るかに思われたが、17、18番で痛恨のボギーを叩き、6アンダーまで後退。首位を辛うじてキープした。

<< 下に続く >>

1打差で追う2位タイには、広田悟と真野佳晃の2人。とくに真野は、インコースで爆発し、この日のベストスコア「66」をマーク。14位から2位に急浮上した。2人ともスコアを伸ばしているだけに、決勝ラウンドでもこの勢いを持続させたいところ。

また、1アンダーの7位タイには、宮里家の長男の聖志と1994年に日本オープンを制した合田洋が好位置につけた。またイーブンパーの9位タイには、今週も日本ツアーに出場している佐藤信人がつけている。

そのほか、昨年の覇者で注目を集めていた伊沢利光は、11オーバーの101位タイで予選落ち。また、宮里家の次男優作は、8オーバーの77位タイで予選落ちを喫し、兄弟揃って決勝ラウンド進出にはならなかった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 日本ゴルフツアー選手権 宍戸ヒルズカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!