ニュース

国内男子キヤノンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

池田勇太が絶好のスタート! 8アンダー単独首位に

神奈川県にある戸塚カントリー倶楽部 西コースで開催されている、国内男子ツアー第16戦「キヤノンオープン」第1ラウンド。前日の台風の影響もなく、風も穏やかな中で競技は進行。グリーンも柔らかいためボールも止まりやすく、熾烈なバーディ合戦が演じられた。

8アンダー単独首位と、絶好のスタートを切ったのは池田勇太。54ホールに短縮したことで「飛ばし気味にいかないといけない」と話していた通り、1イーグル、7バーディ、1ボギーとチャージを見せた。前半の11番でボギーを叩いたが、13番パー5では残り94ヤードの3打目を直接カップに捻じ込み、イーグルを奪取。「チャンス到来。あれが大きかった」と、その後は16番から3連続バーディを決めるなど一気に流れに乗った。

7アンダーの単独2位には、8バーディを量産した久保谷健一。「朝の練習グリーンで、試したことが意外に良かった」というパットが冴え渡り、4メートル前後のバーディパットを次々と捻じ込む。6番では10メートルを沈めるなど、ショットと絶好の噛み合いを見せた。

6アンダーの3位タイには丸山茂樹原口鉄也。5アンダーの5位タイに、清田太一郎矢野東野上貴夫上田諭尉、マンデートーナメントで出場権を得た伊佐専禄、ディフェンディングチャンピオンの井上信が続いている。片山晋呉は、谷原秀人丸山大輔らと並び3アンダーの20位タイにつけている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2009年 キヤノンオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!