ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

横尾要との4ホールのプレーオフを制して、タイガーが2連覇を飾る!

宮崎県にあるフェニックスカントリークラブで開幕されている、国内男子ツアー第27戦「ダンロップフェニックストーナメント」最終日。優勝争いは最終組でラウンドした大会連覇を狙うタイガー・ウッズと、2002年の覇者、横尾要の戦いとなった。

この日のタイガーはバーディスタートを切ったものの、2番でボギー、3番ではダブルボギーをたたくなどスコアを崩し、着実にスコアを伸ばしていく横尾にトップを奪われてしまった。しかし、横尾も11番から3連続ボギーをたたき、一方タイガーは13番でバーディ。この時点で再びタイガーがトップに立った。

続く14番、横尾がバンカーからのチップインバーディを決めタイガーに追いつくと、15番でタイガーがグリーン奥からチップインバーディを決め返し再び単独トップに。しかし、横尾は16番、18番で快心のバーディを奪取し、通算8アンダーで並んだタイガーと横尾によるプレーオフへと持ち込まれた。

プレーオフは両者一歩も譲らない展開に。パー、バーディ、バーディとして迎えた4ホール目、セカンドショットを右に曲げてしまった横尾に対し、タイガーは2オンに成功。タイガーがバーディで締めくくり、大会2連覇で幕を閉じた。

単独2位でスタートしたジム・フューリックは、ボギーが先行する苦しい展開となり、通算6アンダーの単独3位でフィニッシュ。また、宮本勝昌が「66」をマークし、通算5アンダーの単独4位に入った。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「GDOゴルフニュース速報アプリ」でログインしてレアグッズが当たるプレゼントキャンペーンを実施中!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。