ニュース

国内男子日本プロゴルフ選手権大会の最新ゴルフニュースをお届け

首位は7アンダー藤田寛之!平塚哲二、谷口徹、D.スメイルが2位

国内男子ツアー第6戦「日本プロゴルフ選手権大会」が、熊本県の玉名カントリークラブで開幕した。国内公式戦の初戦ということもあり、各選手気合いは充分なようだ。最も目立ったのは、真っ赤なシャツで登場した片山晋呉。優勝を狙いにきた片山は初日2アンダー。首位は7アンダーをマークした藤田寛之。2打差の5アンダー2位には平塚哲二谷口徹デビッド・スメイル(ニュージーランド)など5人が並んでいる。

正確なショットとパッティングに定評のある藤田が7バーディノーボギーの完璧なゴルフを見せた。藤田は昨年5位に入り、一昨年は5位。「日本プロ」との相性は良さそうだ。昨年の開幕戦「東建ホームメイトカップ」以来の優勝を狙う。2位スタートの平塚は、序盤3連続バーディを奪い勢いに乗り、スコアを伸ばしたかったが最終18番で2オンを狙ったが、グリーンを外しバーディも奪えずパーフィニッシュとなった。

さらに1打差の4アンダー7位には、ディフェンディングチャンピオンのS.K.ホ(韓国)、米ツアーから帰国して参戦している谷原秀人。最近の2試合連続で初日好スタートを見せている宮里優作など5人。3アンダー11位に、この大会で過去6勝を誇るジャンボ尾崎や星野英正など実力ある選手が上位に入っている。

また、2アンダー14位には、3試合連続優勝を狙う尾崎直道。昨年の賞金王で今大会に照準を合わせてきた片山晋呉が控えている。今年のコース(玉名CC)は距離が特別長いわけではなく、ショットの切れ、そしてパッティングが勝負のカギを握りそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 日本プロゴルフ選手権大会




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。