ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼が憧れるI.ポールターが首位タイ! 石川は最後に派手なガッツポーズ

宮崎県にあるフェニックスCCで11月15日(木)、国内男子ツアー第22戦「ダンロップフェニックストーナメント」が開幕した。最高気温は20度で風はほとんどなく、汗ばむ陽気となった。風がないことでスコアを伸ばす選手が続出し、アンダーパーでラウンドした選手は36人にも上った。

5アンダーで首位に立ったのは、イングランドのイアン・ポールターと韓国の金庚泰キム・キョンテ)、さらに日本の武藤俊憲も加わり、3人が並んでいる。ポールターと武藤はボギーを叩かぬ安定したゴルフでスコアを伸ばしてきた。

<< 下に続く >>

1打差の4アンダー4位タイには、クリス・キャンベル(オーストラリア)とゴンサロ・フェルナンデスカスタノ(スペイン)。さらに1打差の3アンダー6位タイには、11番パー3でホールインワンを達成したS.K.ホ(韓国)をはじめ、片山晋呉丸山大輔今野康晴が並んでいる。

今年の「全英オープン」でメジャー制覇を果たし、この大会では連覇を狙うアイルランドのパドレイグ・ハリントンは、1番で2打目を直接カップインさせるイーグルを奪ったが、ボギーを4つ叩くなど安定感に欠け、2アンダー。谷原秀人宮里優作らと並び10位タイとなっている。

アマチュアとして今大会に初出場を果たしている石川遼は、10番ホールからスタートし15番、16番で連続ボギー。後半は4番でボギーを叩き3オーバーまでスコアを崩したが、最終9番でグリーン手前から直接カップインさせバーディフィニッシュ。最後の最後に派手なガッツポーズを決め、初日のラウンドを終了した。2オーバー59位タイとしている。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!