ニュース

欧州男子カスティーヨ・マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 カスティーヨ・マスターズ
期間:10/23〜10/26 クラブ・デ・カンポ(スペイン)

初代王者はS.ガルシア! 母国での勝利に歓喜

スペインのクラブ・デ・カンポで開催されている、欧州男子ツアー第42戦「カスティーヨ・マスターズ」の最終日。セルヒオ・ガルシアが地元スペインで、見事初代チャンピオンの座に就いている。

2位に4ストローク差をつけ、最終日を迎えたガルシア。優勝を眼の前にしたこの日、5バーディ、1ボギーと安定した内容で「67」をマーク。通算20アンダーとして、2位に3ストローク差をつける余裕の勝利。母国で堂々の主役を演じきった。

ガルシアに続いたのはピーター・ヘドブロム(スウェーデン)。スタートから4連続バーディを奪うなど、大逆転劇を予想させる立ち上がりであったが、ホームで戦うガルシアの牙城を崩すことはできず、通算17アンダー。単独2位で大会を終えている。

続く単独3位には、終盤の5連続バーディなどで見せ場を作ったアレクサンダー・ノレン(スウェーデン)。通算15アンダーでフィニッシュしている。通算14アンダーの4位タイには、2位タイからスタートしたサイモン・ダイソン、デビッド・リン(ともにイングランド)、ソレン・ケルドセン(デンマーク)の3人が揃ってフィニッシュ。この日のベストスコア「64」をマークしたアルバロ・キロス(スペイン)は、通算11アンダーでフィニッシュ。順位こそ13位タイであったが、地元の意地を見せて大会を盛り上げた。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 カスティーヨ・マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。