ニュース

欧州男子ヨーロピアンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

R.フィッシャー、地元で圧勝!

イングランドにあるロンドンGCで開催されている、欧州男子ツアー第30戦「ヨーロピアンオープン」の3日目。ロス・フィッシャー(イングランド)が4日間首位を守り、母国イングランドの地で完全優勝を果たしている。

後続に3ストロークの差をつけ、首位で最終日を迎えたフィッシャー。前日に続き、この日も2番でボギーを叩いたが、5番でイーグルを奪ってリズムを取り戻す。後半に入ってからは、13、15、そして、最終18番でバーディを決め、通算20アンダー。2位に7ストロークの大差をつけ、地元で今季初優勝を飾った。

単独2位に食い込んだのは、通算7アンダーの7位タイからスタートしたセルヒオ・ガルシア(スペイン)。7バーディ、1ボギーでラウンドし、この日のベストスコア「66」をマーク。通算13アンダーとしたが、フィッシャーには遠く及ばず、単独2位で大会を終えている。

通算12アンダーの単独3位には、グラエム・マクドウェル(北アイルランド)。単独4位には、通算11アンダーのデビッド・フロスト(南アフリカ)、単独5位には、通算7アンダーのソレン・ハンセン(デンマーク)が続いた。フィッシャーに続くイングランド勢が、通算2アンダー、17位タイのサイモン・ダイソンらであることを振り返れば、フィッシャーの地元での孤軍奮闘ぶりが光る大会であった。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ヨーロピアンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2019年 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年にお伝えしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。 歴史的快挙が続いた1年間をランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。