ニュース

欧州男子マイケルヒル・ニュージーランドオープンの最新ゴルフニュースをお届け

単独首位にS.ボウディッチ! P.シーハンがこれを追う!

ニュージーランドのザ・ヒルズGCで開催されている、2008年の欧州ツアー第4戦「マイケルヒル・ニュージーランドオープン」の2日目。後半に爆発したスティーブン・ボウディッチ(オーストラリア)が単独首位に躍り出ている。

首位から1打差の4位タイでスタートしたボウディッチは、1番からバーディと好スタートを切ったものの、前半は1つスコアを伸ばしただけで終了。後半も同じくバーディ発進すると、今度はそこから13番まで4連続バーディをマーク。その後さらに連続バーディを決めて、この日のベストスコア「65」をマークし通算10アンダー。単独首位に立った。

<< 下に続く >>

単独2位につけているのは、首位タイでスタートしたポール・シーハン(オーストラリア)。この日は、初日にバーディを決めた5つのホールのうち、4つのホールでバーディをマーク。首位こそ譲ったものの、安定感のあるゴルフを披露。通算9アンダーで首位を追っている。

地元ニュージーランドのマイケル・ロングは、5バーディ、ノーボギーでラウンド。通算8アンダーまでスコアを伸ばして単独3位につけている。続く4位タイには、7バーディ、ノーボギーで一気に順位を上げたリチャード・フィンチ(イングランド)ら4人が通算6アンダーで並んでいる。昨年2位のマイケル・キャンベル(ニュージーランド)は102位タイ、日本の中山和成は129位タイでともに予選落ちを喫している。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 マイケルヒル・ニュージーランドオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!