ニュース

欧州男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 全英オープン
期間:07/19〜07/22 場所:カーヌスティGC(スコットランド)

ついに打倒タイガーなるか? S.ガルシアが6アンダー単独首位!

海外男子メジャー第3戦「全英オープン」が、スコットランドのカーヌスティGLで開幕した。このコースが全英の舞台になるのは1999年大会以来。前回大会の覇者ポール・ローリー(スコットランド)は、大会3連覇を狙うタイガー・ウッズと同じ組でラウンドした。

注目のタイガーは1番のティショットをラフに入れたが、このホールを問題なくパーで切り抜けると3番でバーディを奪った。そして6番パー5でイーグルを奪い、首位争いに早くも名を連ねた。ところが、その後はスコアを伸ばせず2アンダー止まり。初日は8位タイと無難な位置につけた。

<< 下に続く >>

この日は多くの選手がスコアを伸ばしたが、もっとも伸ばしたのはセルヒオ・ガルシア(スペイン)だった。10番までに3つのバーディを奪うと、12番から3連続バーディを奪い6アンダー。16番でこの日唯一のボギーを叩いたが、17番で再びバーディを奪い6アンダーでホールアウト。2位に2打差をつけて単独首位に立った。

4アンダー単独2位は、6バーディ、2ボギーでラウンドしたポール・マギンリー(アイルランド)。さらに1打差の3アンダー3位タイにはマイケル・キャンベル(ニュージーランド)、アンヘル・カブレラ(アルゼンチン)など5人が並んでいる。カブレラは全米オープンに優勝したばかりだが、ショットの安定は健在。メジャー2連勝を狙える好スタートを切った。

今大会日本からは6名が出場。賞金王の片山晋呉は欠場となったが、各選手が健闘を見せている。中でももっとも上位スタートを切ったのは佐藤えいちだった。3番から4連続バーディを奪うと、その後は4連続ボギーを叩くなど派手なゴルフを展開。それでもイーブンパーの25位タイと上々の滑り出しを見せた。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!