ニュース

欧州男子オメガドバイデザートクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

マキロイが首位浮上 谷原秀人は予選落ち

◇欧州男子◇オメガドバイデザートクラシック 2日目(27日)◇エミレーツGC(UAE)◇7328yd(パー72)

前日に日没順延となった第2ラウンドが終了し、ロリー・マキロイ(北アイルランド)が通算15アンダーで首位に立った。

マキロイは前日未消化だった7ホールのうち5バーディを奪って、第2ラウンドを「64」とした。

ジェイミー・ドナルドソン(ウェールズ)が通算13アンダーの2位、李昊桐(中国)が通算12アンダーの3位に続いた。

通算1アンダーで終えていた谷原秀人は108位で予選落ちした。

ドナルドソン暫定首位 谷原秀人は下位でホールアウト

◇欧州男子◇オメガドバイデザートクラシック 2日目(26日)◇エミレーツGC(UAE)◇7328yd(パー72)

早朝の濃霧により2時間50分スタートが遅れた影響で、60人以上が第2ラウンドを終了できないまま日没サスペンデッド。通算13アンダーの暫定首位に、「69」で終えたジェイミー・ドナルドソン(ウェールズ)が立った。

通算12アンダーの暫定2位に、「66」をマークした李昊桐(中国)。通算11アンダーの暫定3位に、「65」で終えたブランデン・グレース(南アフリカ)と、12ホールを消化したアレクサンダー・ビョーク(スウェーデン)が並ぶ。

通算10アンダーの暫定5位に、「68」で10位から浮上した54歳のミゲル・アンヘル・ヒメネス(スペイン)、11ホールを消化したロリー・マキロイ(北アイルランド)らが続く。

105位から出た谷原秀人は5バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの「71」と1つ伸ばすにとどまり、通算1アンダーの暫定108位でホールアウトした。

(※第2ラウンド終了後、「マキロイが首位浮上 谷原秀人は予選落ち」に差し替えました)

関連リンク

2018年 オメガドバイデザートクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~