ニュース

欧州男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2009年 全英オープン
期間:07/16〜07/19 ターンベリーエイルザC(スコットランド)

トム・ワトソン、76ホールの激闘の末に2位!優勝はS.シンク

スコットランドにあるターンベリーGCで行われている「全英オープン」の最終日。59歳のトム・ワトソンが最後まで首位を守り、スチュワート・シンクとのプレーオフに突入。5番、6番、17番、18番の4ホールで争われたプレーオフでは、力尽きてシンクに勝利を譲ったが、76ホールを戦い抜いて爽やかな笑顔を見せた。

4日間で一番強い風が吹いた最終日、単独首位からスタートしたワトソンは、1番、3番でボギーを叩く苦しい立ち上がり。しかし、7番でバーディ、9番をボギーとするが、11番で8mのパットを沈めて再びバーディ。強風に他の選手のスコアも伸び悩み、リーダーズボードのトップを譲らない。

559ヤードの17番パー5では、2打目でグリーン上のセミラフまで運ぶと、そこからパターで30cmに寄せてバーディ奪取。1ホールを残して1打差の単独首位に立ち、メジャーでの史上最年長優勝記録更新は目前に迫った。

しかし、18番の8Iでのセカンドショットはグリーンをこぼれて奥のセミラフまで達し、そこからパターで寄せるも3mオーバーしてしまう。このパットも外したワトソンは、通算2アンダーでシンクと並びプレーオフに突入する。だが、59歳のワトソンにさらに4ホールを戦う余力は残されていなかった。これまでのラウンドでは見られなかったようなミスショットを連発し、シンクの前に敗れ去った。

優勝したシンクは、ツアー通算6勝目でメジャーでは初勝利。「正直言うと、トムを相手にプレーオフを戦うのは、複雑な心境だった。今週の彼のプレーを感嘆を持って見ていたので」とワトソンを称えつつも、「今週はショットに自信があったし、今日は1日中落ち着いていた」と自身の勝因を分析した。

3位に入ったのは、クリス・ウッドと、リー・ウェストウッドのイングランド勢。5位タイにルーク・ドナルド、レティフ・グーセン、マシュー・ゴギンが続いた。久保谷健一は最終日は2つスコアを落として27位タイ。10位以内に与えられる翌年の出場権獲得はならなかった。今田竜二は64位に終わっている。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。