ニュース

欧州男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2009年 全英オープン
期間:07/16〜07/19 場所:ターンベリーエイルザC(スコットランド)

ワトソン首位、久保谷4位!タイガー、石川は予選敗退

「全英オープン」2日目、ターンベリーGCがようやくいつもの全英らしさを覗かせた。時折冷たい雨が降り、風は1日中強く吹く。風向きは昨日とは逆方向で、灯台からクラブハウス方向に吹く風は、主にアウトではアゲンスト、インではフォローとなる。

そんな過酷な条件の中、首位タイに立ったのは9月に60歳の誕生日を迎えるトム・ワトソン。初日を2位タイで終えたワトソンだったが、この日の前半は、1番でバーディ発進したものの、4番から4連続ボギーを叩くなど苦しいゴルフとなってしまう。

<< 下に続く >>

しかし、9番で7.5mを沈めてバーディとすると、11番、16番でもバーディ奪取。観客席が3方を取り囲む最終18番では、18mのロングパットを沈める圧巻のゴルフ。大ギャラリーの喝采に手を上げて微笑んだ。この日イーブンパーでラウンドしたワトソンは、通算5アンダーで首位タイへと浮上した。

ワトソンと並んで首位タイに立つのは、今週のターンベリーがリンクスコース初体験というスティーブ・マリノ。もともとは今大会の出場資格は無かったマリノだが、最終的には片山晋呉の欠場により繰り上がりで大会に滑り込み、前週行われていた「ジョンディアクラシック」の会場からスコットランドへと飛んできた。

1打差の3位にはマーク・カルカベッキアが続き、さらに1打差の4位タイに久保谷健一、レティフ・グーセン(南アフリカ)、ロス・フィッシャー(イングランド)ら5人が続いている。

石川遼と同組でラウンドしたタイガー・ウッズは、この日「74」と4つスコアを落として通算5オーバー。カットラインに1打及ばず、プロ入り後のメジャー大会では2006年の全米オープン以来となる2度目の予選落ちを喫している。また、石川も通算6オーバーで、予選で姿を消している。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!